Windows10から*.localへの名前解決が遅い問題

私のWindows10のマシンから.localへのドメインの名前解決が遅い問題がありました。
具体的には4秒ぐらい掛かります。地味にストレスです。
Windowsのターミナルを開いて(hoge.localと192.168.1.7は例です)、

# ↓名前解決が遅い、名前解決完了後のRTTは問題なし
> ping hoge.local

# 直接hoge.localのIPアドレスを指定すると早い
> ping 192.168.1.7

という状況でした。

友人に聞いてみるとmulticast DNSの影響ではということでした。

長くなるとあれなので端的に書きますが私の場合はWin10にAppleのBonjourを入れて有効にしたらやや改善して1sec以下程度の名前解決時間になりました。やや遅いですけれども個人的にはそこまで気にならないのでOKです。

というわけでAppleのBonjourを導入しましょう。導入方法と動作しているかの確認については省略します。

macOS Sierraにしてssh時にパスフレーズを聞かれ、それを忘れた時

まあ私のことなんですけどね。自分の秘密鍵(id_rsa)のパスフレーズを忘れてしまいました。
macOS Sierraではセキュリティが厳しくなったのか、毎回聞かれます。

で、忘れたのでこれは詰んだかなと思っていました。
しかし、

アプリケーション → ユーティリティ → キーチェーンアクセス.app

を開き、右上の検索バーで「ssh」と打てば、該当の鍵の項目があるはずです。その項目をダブルクリックして、ウィンドウがでますので左下のパスワードを表示、にチェックを入れてあげると、ログインパスワードを聞かれますのでそれに答えれば良いだけです。

あーよかった。。。

追記
http://qiita.com/shao1555/items/9e7a368f495228332a03
によりますと、

~/.ssh/config に、

Host *
   UseKeychain yes
   AddKeysToAgent yes

としておくと聞かないようです。

Twitterの不満点

今更ながら。不満と改善案を書いていく。

– Web版で画像ツイートを開くと、ディスプレイの解像度によってはより小さい画像になる(例:https://twitter.com/mkawamorita/status/772753250558750720 https://twitter.com/mkawamorita/status/678252562550677505)
→ 素直に画像(jpgなりで)を表示して欲しい。というか普通は大きくしたくて画像をクリックすると思うのだがより小さくなるのでずっこける。これ二年ぐらい私はtwitter jpにツイートして文句を言っているが一向に解決されない。未来永劫解決されないのだろう。ツイッター的なポリシーでは画像をクリック=より小さく表示なのでしょう、まったく意味がわからないけど。同じ不満の人はいてアドオンで解決しているけどデフォルトでそうして欲しい。firefoxとchromeでの導入例→ http://vivasoft.org/browse/addons-browse/20161438/

– Twitterのコンセプトでもあるけど140文字は短すぎる。ただでさえ短いのに特にリンクを張ったり、@したりするときにつらい。英語圏の人はもっとつらそう。返信時やツイート時にいちいち140文字に抑えるためにちまちま編集する価値ってどれほどか。文字数が少ないゆえにモバイルとの相性は良いが、ユーザーの多少のスクロール量増加が問題だとはあまり思わない。
→1000文字ぐらいでもいいのでは?

– 返信時の@ってそもそも必要か疑問。
→いらないと思う(追記: でも考えてみるとパーマリンクというか、タイムラインでひょいと出現するときにこれは明らかに返信と分かるからそういう価値があるのかもしれない。何ともいえない気がしてきた。きちんと長所短所を列挙する必要がある)

– Android版で画像を開いたときに左下に「戻る」を想起させるアイコンがあるがreplyの意味であり誤認しがち(画像↓。黄色の丸が返信ボタンで、閉じるボタンとよく間違う)。iOS版でも同様。
→返信じゃなくて閉じるボタンにして欲しい
黄色丸が返信ボタン。戻るボタンであって欲しい

– Android版で、タイムライン上に「ツイートをさらに表示」が現れて大変迷惑、見逃しそうで怖いし、いちいち押すのも大変に面倒。これどこの誰が欲しい機能なのだろうか?タイムラインの中身の量をfacebookのように運営側でアルゴリズムにより取捨選択したいという噂は昔からあるがその一環?しかし私にはタイムラインを減らそうという気持ちはいまいち理解しがたい。
→タイムライン検閲せずに全部出して欲しい

– ブロック/ミュートしてもタイムラインにその人のツイートがRTされたりして出てくる
→ 永久にでないようにして欲しい

– なんでこの人をフォロー・リムーブ・ブロック・ミュートしたんだっけ、と思うことがあるので、思い出すきっかけの覚書みたいなのができると嬉しい
→ 冗長だがフォロー・リムーブ・ブロック・ミュートする際に、オプションで理由を覚え書きできる(例: ブロックした理由: 以下のURLのようにOOでXXなツイートが目立つため、 等)
→ ニコニコ動画のNG共有みたいな仕組みがあってもいいかも

– youtubeのリンクを新規タブで開けない(画像を参照↓)
→ 開けるようにして欲しい。私はミドルクリックを新規タブで開くに割り当てているが、それが反応しないのでいらいらする。わざわざyoutubeだけ別扱いにする必要はあるのか?
2016%e5%b9%b49%e6%9c%8822%e6%97%a5%e3%80%81twitter%e3%81%a6%e3%82%99youtube%e3%81%af%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%82%bf%e3%83%95%e3%82%99%e3%81%a6%e3%82%99%e9%96%8b%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%822016%e5%b9%b49%e6%9c%8822%e6%97%a5%e3%80%81twitter%e3%80%81%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%af%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%82%bf%e3%83%95%e3%82%99%e3%81%a6%e3%82%99%e9%96%8b%e3%81%91%e3%82%8b

– Web版では自分自身のTL上でツイートすると、「一件の新着ツイートを表示」と出る。クリックするとその表示が消えるだけ。邪魔だからやめて欲しい(画像を参照↓ 押してもこの表示が消えるだけ)。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-10-46-14
(技術的な話をすれば、おそらくツイートした時点ではサーバーからの返事を待たずにクライアントのTLにツイートを表示、そしてロングポーリングによってサーバーとクライアントにより維持されているコネクションから、サーバーが処理を追えて通知が来るのだろう。で、サーバーからの返事を待たない状態でクライアントに追加したときはIDもついてないので、重複確認ができず、一件の新着ツイートを表示、と表示せざるをえないのではないだろうか?だけど内容のmd5を取れば重複の確認はできる気がしてきた)

現状こんなのを感じている。他に不満があれば追記する。
余談だが自分以外のツイッターの不満を見てみたら、「タイムラン」という用語を発見した。どうやらタイムラインのことらしい。真面目に書かれている文章でこの言葉があるとちょっと笑う。

蛇足

– これは不満ではないが思うこととして: 誰が誰をフォローしているとか何人にフォローされているとかの情報ってどれぐらい必要なんだろうか?ソーシャルなメディアということを考えると確かに必要な気はするけど、一方で誰に何人にフォローされているかわからないサービスもまたありな気はする。

– 自分のお気に入り履歴に残らない形でいいね的なボタンが欲しい、書いた人にモチベーションを与えるため。読んだよボタンとかでもいいかも。

NetBeansの自分用設定の覚え書き

近頃(2016年9月あたり)Apache Incubetorに移管するとかなんとか。NetBeansの未来は何処へ(´・ω・`)
これは私のNetBeans設定の覚え書きです。

前提:
– NetBeans8.1 (Mac版、PHP/HTML5版)
– Mac OS X EL Capitan
– Google IME(GoogleJapaneseInput-2.19.2600.1+24.0.9)

https://show-web.jp/2015/04/05/netbeans%E3%81%8C%E9%87%8D%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7node_modules%E3%82%84bower_components%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%BE%BC/

bowerとかnode_moduleとか入っていると読み込みし始めてCPUリソースを食い尽くす。のでこの通りの設定にする。

☆いろいろ追記する☆

`raise_if_conflicts’: Unable to activate sinatra-1.4.7, because rack-2.0.1 conflicts with rack (~> 1.5) (Gem::ConflictError)

Sinatraで、

$ rackup -p 4567
/Users/mk/.rbenv/versions/2.2.2/lib/ruby/site_ruby/2.2.0/rubygems/specification.rb:2288:in `raise_if_conflicts': Unable to activate sinatra-1.4.7, because rack-2.0.1 conflicts with rack (~> 1.5) (Gem::ConflictError)
	from /Users/mk/.rbenv/versions/2.2.2/lib/ruby/site_ruby/2.2.0/rubygems/specification.rb:1408:in `activate'
	from /Users/mk/.rbenv/versions/2.2.2/lib/ruby/site_ruby/2.2.0/rubygems.rb:200:in `rescue in try_activate'
	from /Users/mk/.rbenv/versions/2.2.2/lib/ruby/site_ruby/2.2.0/rubygems.rb:193:in `try_activate'
...以下省略

として表題のように怒られるときの対処法です。特にバージョン指定せずに gem install rack とするとsinatraとのバージョンが合わないようなので、

$ gem uninstall rack

Select gem to uninstall:
 1. rack-1.6.4
 2. rack-2.0.1
 3. All versions
> 2
Successfully uninstalled rack-2.0.1
$ rackup -v
Rack 1.3 (Release: 1.6.4)

↑上記のようにして新しい方のrackを消します。

↓動かしてみます。
$ rackup -p 4567
Thin web server (v1.7.0 codename Dunder Mifflin)
Maximum connections set to 1024
Listening on localhost:4567, CTRL+C to stop

↑OKですね!