Macでシリアルポートを使ってルーターに接続

超簡単なことですけど、、、毎回忘れるので書いておくのです。

注意点
ルーターと言ってもそのへんの市販のwifiルーターではなくてちょっと本格的なルーターの方です。

必要なもの
– シリアルポートがついてるルーター
– USBシリアルケーブル (私のMacBook(Sierra)で使えるのはBaffaloのBSUSRC06)
– シスコケーブル (またはルーターに付属しているもの)

まずUSBシリアルケーブルをMacとつなぐ。

$ ls /dev/tty.usbserial-FTB4XSY4 

↑tty.usbserial~が存在していればOK。

次にUSBシリアルケーブルとシスコケーブルを繋いで、シスコケーブルとルーターを繋ぐ。

図解↓
Mac <=> USBシリアルケーブル <=> シスコケーブル <=> ルーター

screenコマンドでログインする。

$ screen -t tplink /dev/tty.usbserial-FTB4XSY4 115200

↑ -t tplink はscreenのセッションの名前(自由に決められる)、115200はボーレート。これはルーターによって異なるかも。私が今回使ったルーターは、TP-LINKのTL-ER6020。

で、こんな感じでルーターからの応答が表示されればOK↓。

TP-LINK SafeLoader (Build time: Mar 17 2015 - 17:41:37)
DRAM: 128MB
Performing DRAM check... PASS
Performing LED check... PASS
Press CTRL+B to enter SafeLoader: 1
Start vxWorks at 0x1b00000...
TP-LINK > 

screenの簡易的な使い方:
– セッションを残したまま抜ける(デタッチ) → ctrl を押したまま、aを押して次にdを押す
– 抜けてからの復帰方法 → $ screen -r
– セッション一覧 → $ screen -ls
– セッションを切る → ctrl を押したまま、aを押して次にkを押すと、「Really kill this window?」と聞かれるのでyと押す

Macで使えるUSBシリアルケーブル:


今回購入したルーター (特徴: 安くて高性能、低消費電力):


MacBook Pro (あえてTouchBar付きではない方。i5, 8GBDRAM, 256GBSSDで開発用途では最安かと):



以下自分用覚書

マニュアルのURL:
– http://static.tp-link.com/resources/document/TL-ER6020_V1_User_Guide_191001.pdf ← CLIの説明はP146から
– http://static.tp-link.com/resources/document/TL-ER6020_v1_IG_7106503927.pdf

Windows10から*.localへの名前解決が遅い問題

私のWindows10のマシンから.localへのドメインの名前解決が遅い問題がありました。
具体的には4秒ぐらい掛かります。地味にストレスです。
Windowsのターミナルを開いて(hoge.localと192.168.1.7は例です)、

# ↓名前解決が遅い、名前解決完了後のRTTは問題なし
> ping hoge.local

# 直接hoge.localのIPアドレスを指定すると早い
> ping 192.168.1.7

という状況でした。

友人に聞いてみるとmulticast DNSの影響ではということでした。

長くなるとあれなので端的に書きますが私の場合はWin10にAppleのBonjourを入れて有効にしたらやや改善して1sec以下程度の名前解決時間になりました。やや遅いですけれども個人的にはそこまで気にならないのでOKです。

というわけでAppleのBonjourを導入しましょう。導入方法と動作しているかの確認については省略します。

macOS Sierraにしてssh時にパスフレーズを聞かれ、それを忘れた時

まあ私のことなんですけどね。自分の秘密鍵(id_rsa)のパスフレーズを忘れてしまいました。
macOS Sierraではセキュリティが厳しくなったのか、毎回聞かれます。

で、忘れたのでこれは詰んだかなと思っていました。
しかし、

アプリケーション → ユーティリティ → キーチェーンアクセス.app

を開き、右上の検索バーで「ssh」と打てば、該当の鍵の項目があるはずです。その項目をダブルクリックして、ウィンドウがでますので左下のパスワードを表示、にチェックを入れてあげると、ログインパスワードを聞かれますのでそれに答えれば良いだけです。

あーよかった。。。

追記
http://qiita.com/shao1555/items/9e7a368f495228332a03
によりますと、

~/.ssh/config に、

Host *
   UseKeychain yes
   AddKeysToAgent yes

としておくと聞かないようです。

NetBeansの自分用設定の覚え書き

近頃(2016年9月あたり)Apache Incubetorに移管するとかなんとか。NetBeansの未来は何処へ(´・ω・`)
これは私のNetBeans設定の覚え書きです。

前提:
– NetBeans8.1 (Mac版、PHP/HTML5版)
– Mac OS X EL Capitan
– Google IME(GoogleJapaneseInput-2.19.2600.1+24.0.9)

https://show-web.jp/2015/04/05/netbeans%E3%81%8C%E9%87%8D%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7node_modules%E3%82%84bower_components%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%BE%BC/

bowerとかnode_moduleとか入っていると読み込みし始めてCPUリソースを食い尽くす。のでこの通りの設定にする。

☆いろいろ追記する☆

`raise_if_conflicts’: Unable to activate sinatra-1.4.7, because rack-2.0.1 conflicts with rack (~> 1.5) (Gem::ConflictError)

Sinatraで、

$ rackup -p 4567
/Users/mk/.rbenv/versions/2.2.2/lib/ruby/site_ruby/2.2.0/rubygems/specification.rb:2288:in `raise_if_conflicts': Unable to activate sinatra-1.4.7, because rack-2.0.1 conflicts with rack (~> 1.5) (Gem::ConflictError)
	from /Users/mk/.rbenv/versions/2.2.2/lib/ruby/site_ruby/2.2.0/rubygems/specification.rb:1408:in `activate'
	from /Users/mk/.rbenv/versions/2.2.2/lib/ruby/site_ruby/2.2.0/rubygems.rb:200:in `rescue in try_activate'
	from /Users/mk/.rbenv/versions/2.2.2/lib/ruby/site_ruby/2.2.0/rubygems.rb:193:in `try_activate'
...以下省略

として表題のように怒られるときの対処法です。特にバージョン指定せずに gem install rack とするとsinatraとのバージョンが合わないようなので、

$ gem uninstall rack

Select gem to uninstall:
 1. rack-1.6.4
 2. rack-2.0.1
 3. All versions
> 2
Successfully uninstalled rack-2.0.1
$ rackup -v
Rack 1.3 (Release: 1.6.4)

↑上記のようにして新しい方のrackを消します。

↓動かしてみます。
$ rackup -p 4567
Thin web server (v1.7.0 codename Dunder Mifflin)
Maximum connections set to 1024
Listening on localhost:4567, CTRL+C to stop

↑OKですね!