MacのYosemiteでキーボードショートカットを割り当てる

人それぞれ独自のキーボード捌きがあるかと思います。私はアプリケーションのタブの移動では、command+k、command+lで移動したい派です。

それらを実現する方法はいくつかあります。今までは、

– BetterTouchTool

を主に使っていました。しかし上手くいかない点もあります、たとえばterminal.appでcommand+lをBetterTouchtoolで割り当てても、どうやらterminal.app独自のショートカットのクリアが発動してしまいます。

少し調査してみると、OSの機能でショートカットを割り当てられることを発見したので、↓に書いておきます。

システム環境設定

キーボード

ショートカット

アプリケーション

「+」ボタンを押して、ショートカットを割り当てたいアプリケーションを選択

右側のメニューに出現したアプリケーションを選択した状態で「+」ボタンを押す

ウィンドウが開くので「メニュータイトル」と「キーボードショートカット」を打ち込む
(このときメニュータイトルは一字一句正確に)

ショートカットが割り当てられる

↑実際これで動くようになりました。私のキーボードショートカットはかなりの部分がBetterTouchToolの上に載っていますが、徐々にこのOS内蔵の機能に移行するのが良さそうです。たくさんある場合、登録作業は少々面倒ですが^^;